読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光と風と花のなか *生きていくためのヒント*

カウンセリング、ヒーリングをやっています。セッションのご説明や、日々思うことなどを書いています。

ヒーリングについて1

 ヒーリングとは・・・

ヒーリングについて、お話します。全く知らない方へ、ちょっとでも取っ掛かりになったら嬉しいです。

 世の中で行われているヒーリングには、いろいろなものがあります。ヒーリングという言葉自体も広範囲で使われているので、何をどう選んだらいいのかもわからない、と言う人も多いかと思います。

f:id:eternalroom:20170429152923j:plain

ヒーリングというと、癒し、という言葉が浮かんでくると思います。ヒーリングミュージックなどが一番身近で触れやすいものなのではないでしょうか。ヒーリングは癒しそのものを意味することもありますし、その行為、施術を指す場合もあります。

ここでは、私が行っているエネルギーワーク、ヒーリングについてお話しようと思います。

ヒーリングとは・・・

簡単にご説明すると、目に見えない力でその人の心身やエネルギーに働きかけて、その人本来の力を活性化するのを助けたり、修復するのを助けたり、流れを整えていくのがヒーリングです。

人間には、もともと、自然治癒能力が備わっています。身体や心が疲れたりしても、それを修復していく力があるのです。個人差はあります。すぐ元気になれる人もいますし、少しずつ少しずつ回復していく人もいます。趣味のことに没頭したり、運動したり、仲間と遊んでいるうちに元気になれたり、回復の方法も様々です。寝れば治る人もいますね。

でも、いつもいつも回復できるわけではありません。もう疲れきってしまったり、傷つきすぎてしまったりして、修復が追いつかなくなってしまうことだってあります。心と身体は密接なつながりがあって、どちらか元気ならなんとかなる、ということはありません。身体の不調を精神力でカバーできることはあっても、精神(心)の不調を身体(体力)で補うことはできません。動けなくなってしまうことのほうが多いのです。

心が不調なとき、ヒーリングはその人の源の力に働きかけます。その人がすぐに元気になる養分をポンと与えるわけではありません。エナジードリンクを注ぎ込むのとは違います。

ヒーリングは、もともと備わっている治癒能力にアクセスして、活性化していくのを手助けするのです。元気になろうとする力、健やかになろうとする力、それは私たちが普段意識していない領域で動き続ける生命の根源です。ですからヒーリングを受ければ受けるほど、その人の根源の力は強くなっていき、気が満ちて強くなっていけるのです。

ここでも、個人差はあります。

エネルギーは、確かにその人に流れ、活性化の手助けをします。でも、その人がほんとうに心の底から元気になりたいという気持ちが無かったら、活性化の流れはそれほど進んでいきません。どういうことかというと・・・少しイメージしてみてください。

エネルギーが身体に流れ込んできます。手助けをするよ、と手を差し延べて身体中を巡ってくれます。でも、もしあなたが「いいよ、もうそんなことしてくれなくても」とその手を握らなかったら、エネルギーが働きかけてくれるポイントは少なくなってしまいますよね?

エネルギーが流れにくい人もいて、そういう方はブロックが強いです。いろんなことに防御壁を作っていることが多い人は、せっかくのエネルギーにも壁を作ってしまうのです。無意識のうちに。

つまり、受け手の方の意思が存在しないところに働きかけるのは難しいのです。もちろん、エネルギーを流すこと、送ること自体は可能です。でも、そのご本人がそれを受け容れる意思があるかないかで結果に差が出てきてしまいます。

また、エネルギーはその人にとって一番必要なところに、必要な分だけ、流れていきます。ここが痛いから、ここにお願いします、と言われても、痛みの原因が「ここ」ではなく気持ちの問題だったり人間関係だったりすると、その方面へエネルギーは流れていきます。それはヒーラーにも操作できません。ヒーラーは流す役割、パイプ役なので、エネルギーが向かう先を指示できないのです。

 

 エネルギーとは・・・

エネルギー・・・先程から何度も普通に登場していますが、エネルギーについても触れておきますね。

私たちは、ある一定の方向に向かって、生きています。それは、明日の方向です。東西南北で表せなくて申し訳ないです。明日、明後日、それが続いていって、将来、未来。私たち人間だけでなく、存在しているすべてがその流れにのっています。時間軸と言ってもいいかもしれません。

この流れはリズムがあります。日付けの変更が一番分かりやすいリズムですね。日付が変わるのは、グリニッジ天文台の・・ではなく、地球が回っているからです。そして一番身近な天体、月の運行も私たちに大きな影響を与えます。満ち欠けです。これもまた、リズムですね。満月の日に出産が多い、なんていうのも女性の方ならなんとなくわかる気がするのではないでしょうか。地球は太陽の周りを回り、月は地球の周りを回りながら太陽の周りも回っています。ほかの天体も、動いています。それも、リズム。周期です。みんな、知っていても知らなくても、天体、宇宙の周期(リズム)のなかで生まれ、生きているのです。

私や多くのヒーラーが流しているのは、この宇宙のエネルギーなのです。すべての始まりのエネルギーであり、命のリズムです。

調子が良くないとき、それはリズムが乱れているときです。

もしかしたらそれは、ひとが動物から人間になって、そこから少しずつずれていってるのかもしれません。

生活していく中で、宇宙のリズムとのズレが大きくなってしまうと、人はおかしくなってしまいます。でも日本人は特に、勤勉さや我慢などが美徳とされているので、そのズレに気づけないままの人が多いのです。そしてストレスがたまりすぎて、なにかする気力もなくなってしまったりするのです。そのズレに宇宙のエネルギーを流して、またリズムを取り戻そうよ、と働きかけるのがヒーリングです。

よくよく考えると、そんなに不思議なことでもない、自然なことのようにも感じませんか?

 

長くなってしまいましたが…少しでもお分かりいただけたでしょうか。 

ヒーリングは、誰でも利用できるものです。というか、みんなにもっと知ってもらって利用してもらいたいものです。

どんなところを選べば良いかわからない、という方もいらっしゃると思うので、それはまた別記事で書いていきます。

読んでいただいてありがとうございました。