読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

光と風と花のなか *生きていくためのヒント*

カウンセリング、ヒーリングをやっています。セッションのご説明や、日々思うことなどを書いています。

スピリチュアル迷子さん1

スピリチュアルが一時すごいブームになって、ちょっと落ち着いたというか、下火になってきたという感じの今日この頃です。

むかしから、私霊感があるんだとか、俺ちょっと見えるんだよね、なんていう人はクラスに一人くらいはいました。スピリチュアルがブームになってから、「そういう人になりたい」志願者が増えていったように思います。

ちょっと、危ないなぁと思いながら見ていましたが、志願者さんは今でも結構いるようです。今回は、そういった方々へ向けて、書いていきます。

f:id:eternalroom:20170503165319j:plain

 魔法使いになりたい

 たぶん、イメージが膨らみ過ぎてらっしゃる方も多いと思います。不思議なことがわかる、できる、みえる。人智を越えた領域で大いなる意識にアクセスできる。奇跡が起こせるような存在。

うーーーん。いることはいますが、誰でもなれるわけではありません。でも、人は元々そういう機能は持っているので、意識的にそれを開いていくことは可能だと思います。意識的に開いていく場合は、ほんとうにたゆまぬ努力が必要です。継続していく力も必要です。でも・・・

私が思うに、そんなに必要なものでもないよ、と感じています。私自身そうだからです。アホみたいになんでも拾うアンテナがあると、ほんとうに疲れます。うかうか電車にも乗れません。人の雑念ほど恐ろしいものはないです。拾わないようにするために、どこへ行っても要らない神経を使うことになります。その労力ったら・・涙。拾ってしまって体調が悪くなってもそういうのはお医者さんでは「なんでかわからない」と言われます。数値的に異常が出ないんですね、どこにも。

子どもの頃に、封じたんですよね、自分で。怖くなって。そうしたら大人になっても、その封じたのが解けない(笑)。子どもの真っ直ぐな念っていうのはすごいものです。つまり、自分にとって有益ではないエネルギーをシャットアウトする能力が、私には欠けているのです。他者にブロックを掛けたり外したりはできます。でも自分にだけできない。だから危険です、数か月寝込むことだってあるんです、ほんとうに。

ちょっと私事になりましたが、こういう世界も思っているより楽なことばかりじゃない、ということを心に留めておいてください。

 

人によって方向は少し違うのですが、魔法使い願望で多いのは、「人をみることができるようになりたい」という人です。「オーラが見えるようになりたい」「植物とお話ができるようになりたい」などもあります。

それで、ですね。一番重要なことなんですが、それができる状態になること、あるいはそういうことができる存在になることを覚醒だと信じている方がすっごく多いのです。目覚め、ですね。

女神様のように、あるいは天使たちと協力して誰かを助ける・・・完全にイメージ映像です。

自分がそういう存在なのだと信じていて「まだ目覚めない、いつ目覚めるんだろう」、「きっと私も覚醒する」といろんな能力開発セミナーに大枚はたいていくことになってしまうこの事実。あまり皆さん目を向けていませんが、これが現実です。

すごそうな方が開催するセミナーは、参加するだけで何か自分が変わったりパワーをもらえるんじゃないかっていう気がして、申し込んでしまうんですね。

自分の力にある程度気づいている方が、もっと精度を上げたくてセミナー等に行くこともあります。でもそういう方は、途中でわかるはずです。求めているものがここで得られるか否か。実際に、超高額セミナーで具体的なノウハウを知り、飛躍できる人もいます。でも、まるっきり無駄だった、いうことも多々あります。

大切なことです。覚醒はお金では得られない、ということをしっかりと心に刻みましょう。普通に考えてください。魔法使いって、お金を払って資格を取ってなるものではないでしょう?私の知っている人たちも、みんな努力をしています。その力があるからこそ、人一倍努力をしてきています。みんな自分に厳しい(そういうのは、見ればわかるんです)。

お金で何とかなる世界ではないので、大丈夫かな?と思うようなセミナーには行かない方が賢明です。もちろん、とても良心的な、真面目なセミナーも存在しますよ!

でもね、そういういいセミナーでも、自分に合う合わないはあります。みんな生まれも育ちも違います。生活の環境もリズムも違います。講師(先生)のやっている手法がピンポイントで自分でも活用できるかというとそうじゃないこともあります。もしセミナー等に参加されるなら、こういうことも頭に入れて覚悟をきめていきましょう。

 

ちょっとセミナーの話が長くなってしまいましたが、そういうセミナーにいろいろ行ったり、教わったことを少しずつ家でやってみたり、したけれど。。。のお話に移りたいと思います。

 魔法使いになれなかった・・・

そうなのです。大半の方が、普通の生活に戻っていきます。でも、それでいいと思います。考え方の一部を生活に取り入れて暮らしていくのが平和だと思う。

魔法使いの気持ちのまま、ピーターパンやってる人もいます。(でも、どこにも行き着いていない)

あちこち海外の聖地に行ったり、パワースポットで奇跡的な体験をしても、それは魔法使いだから遭遇するのではありません。そういうのは、誰にでも起こることなんです。そういう人がそういう風に書くから「すごい」って思っちゃうけど、みんな自分の周りで起きている奇跡を見逃してしまっているだけなんです。

覚醒って、そういうことなんです。自分自身を知ること。見落としてきたものに気づくこと。

はじめの方でも書きましたが、自分は○○のような存在なんだ、力があるんだと思い込んでいるままなら覚醒なんて来ません。スタート地点が違うからです。そこに気づいて、「あぁ自分はそうなりたかった人なんだな、力や能力に憧れがあったんだな」と真っ新な自分を受け容れることができたなら、俄然可能性は広がってきます。何歳だろうと。遅い早いが関係ない世界なので、必要なエネルギーや流れが呼び込まれていくでしょう。

 

私がヒーリングやらカウンセリングやらをやっているのは、そういうスピリチュアル迷子さんたちにあまりにも多く遭遇してきたからです。

私もその一人です。自信が持てなくて、、見出されたかったんでしょうね。その道のプロに、力があるよ、大丈夫だよって言ってほしかったんだと思います。けっこうな額を費やしましたよ。だからわかるんです。痛い目見ないと人は目が覚めない(笑)。

結局は、自分の気持ちだと思います。

私の場合は「そうなりたい」から「そうしていきたい」に変わっていったんです。頭のどこかにあった偉大な魔法使い像になるのではなく、自分の力の及ぶ範囲で出会った人の助けになろう、と。だから、もう自分の力がどれくらいとか考えないし、人と比べることもなくなりました。すんごい人に出逢えば、うわーーって思います。マジか、と目が点になりますが、それだけです。フィールドが違うので。力はその人に合った場所で発揮されるのが一番。

 

セミナーも、いろいろな本で紹介されているおまじないや法則も、素晴らしいものはたくさんあります。生活が良くなっていくのなら、できるだけ取り入れていってください。だけど、努力を忘れずに。3日くらいで効果なくなったよ、なんて言うなら、そもそも始めない方が良いです。そんな都合のいいものなんて存在しません。

できないならできるペースにすればいいし、やりたくないなら元々ほんとうにやりたかったのかな?と自分を見つめるいい機会になります。好きだと思っていたことの中で(やりたいと思っていたことの中で)進まないなら、立ち止まって自分と向き合いましょう。自分と向き合えない人が、他者のことを見てあげられるようにはなれません。よね?

 

もし、読んでくださって、「こういうことができるんだけど、どう活かしていったらいいかわからない」という方がいらっしゃったら、ご相談に乗ります。有料ですがセミナーに行くほど高くはないので(笑)、良かったら話してみてください。

読んでいただいてありがとうござました。